2016年10月13日木曜日

ぼくのかんがえたさいきょうのTHETAアプリ

THETAのアプリコンテストに出そうと思って途中まで作っていたけど、実際にやってみたらうまく撮影ができなかったので諦めたアイデアがあるんですけど、どこにも出さないのがもったいないのでここに書いておきます。興味ある人は作ってみてくださいw

  1. アプリを起動してTHETAとWi-Fiで接続します。
  2. THETAをスマートフォンにくくりつけます。
  3. アプリのシャッターボタンを押します(この時点では撮影されない)
  4. スマートフォンごとTHETAを空中に放り投げます。
  5. 投げ上げたスマートフォンが一番高い地点に到達した時を加速度センサーで検知してTHETAのシャッターを切ります。
  6. スマートフォンをキャッチします。←これ大事
  7. 撮影した写真は自動でTHETAからアプリにWi-Fiで転送されます。
  8. 転送が終わると360度写真ビュワーが起動します。 Cardboardで見ると、まるで自分が空を飛んでいるような風景が…!

…というのを作りたかった。

一応一通り動作するのは作ったんですけど、肝心のシャッターを切るっていう部分が上手くできなくて……
というのも、アプリからシャッターを切るコマンドをTHETAに送ってもWi-Fiの時差とかTHETA内部の処理速度とかの問題で即座にシャッターは切れないんです。そのため、加速度センサーで検知した最高地点でシャッターを切るコマンドを送っても、実際にシャッターが切れるまでの間にTHETAは落下を始めてしまう。センサーの感度を調整して最高地点に到達するより前にシャッターを切るようにしてみたりも試したけど、いい具合のところを見つける前に飽きてしまいましたw

あとそもそもTHETAのシャッタースピードで本当に綺麗な写真が撮れるのかもよくわかっていない…

0 件のコメント:

コメントを投稿